難しくて使いこなせないということがないようにしよう!

情報処理が苦手な従業員も操作しやすいシステムの構築を目指そう

マーケティングオートメーションは、自社製品の販売促進や顧客開拓など様々な用途に活用できるシステムのひとつです。一方で、情報処理に関するある程度の知識が無い人にとっては、上手く実務に生かすことができなかったり、業務の効率が悪くなってしまったりするデメリットもあります。そこで、マーケティングオートメーションの仕組みが難しくて使いこなせないというリスクを回避するために、早い時期から情報処理が苦手な従業員も操作しやすいシステムの構築を目指すことが肝心です。また、場合によってはマーケティング部や営業部などに所属する従業員を対象に情報処理に関する集合研修を実施したり、日々の業務に役立つシステムの使い方についてマニュアルを作成したりすることも大切です。

自社の業種や業態に合うシステムを専門業者に開発してもらおう

操作性や利便性などにこだわってマーケティングオートメーションを導入する際には、自社の業種や業態に合うシステムをIT分野を専門に扱う業者に開発してもらうという方法もあります。民間企業に対するサポートが優れている業者の中には、情報処理のスキルや経験に関わらず、誰でも簡単に必要な機能を使えるシステムの提供をしているところが少なくありません。また、業者によっては、過去に開発した法人専用のシステムの制作例をネット上に公開しているところもあります。そこで、システム導入後のミスマッチを防ぐうえで、日ごろからいくつかの業者の制作例を比較したり、在籍するエンジニアの技術力や経験などを確認したりすることがおすすめです。