一人残さず顧客の掘り起こしが可能になる!

人のようにミスをしない

見込み客のすべてが自社商品に興味があるかわからない状態で同じようにアプローチをしていくのは効率が悪いです。このときに利用するといいのがダイレクトメールで、興味に応じて段階的にいろいろなメールを送れば興味を持っている顧客の絞り込みができるでしょう。このとき特定の担当者を決めて送信する相手の選定や、送るメールの文章を手作業で振り分けるときがありますが、人が行う作業には少なからずミスがありそれによって得られるはずの顧客を取りこぼすかもしれません。マーケティングオートメーションのステップメールは事前に条件を設定しておけば、後は自動的に送ってくれるので人がするようなミスはありません。一人残さず顧客を得たいときに最適と言えるでしょう。

絞り込みを確実に行ってくれる

顧客の絞り込みの方法としてダイレクトメールがあり反応によって次に送るメールを変えて行っていきます。配信作業などはまとめて行えるものの、メールの返信状況の確認や次に送るメールの選定を手作業で行うのは時間がかかるときもあります。メールの送信にはタイミングが重要になるときがあり、一日遅れただけでも相手から興味を失わせるでしょう。マーケティングオートメーションのいいところはすべてが自動化できるところで、返信が来たメールの分類や次に送るメールの選定なども瞬時に行ってくれます。ですからいいタイミングで次のメールが送れるので取りこぼしがありません。顧客となりうる見込み客を確実に選定でき、売上アップを実現してくれます。