コストパフォーマンスも高い傾向にある!

無駄な営業活動が減らせる

会社の商品やサービスを売り込むのが営業担当者で、営業担当者によって売上が上げられるのでしょう。営業活動のコストとしては営業担当者の給料や顧客に訪問するための交通費、その他販促活動のために経費がかかるときもあります。いくら売上を上げてくれると言ってもそのためのコストがどんどんかかっていては利益アップにはつながりません。そこで導入を検討したいのがマーケティングオートメーションで、コンピュータシステムによって自動的に見込み客を絞り込んだり営業活動の一部も行ってくれます。人が動く量を減らしてくれるので、これまでかかっていた移動費や販促費などが減らせさらに売上アップも可能です。マーケティングオートメーション運用にかかるコストを考慮しても導入効果が期待できるでしょう。

顧客管理コストや通信費の削減

営業担当者は担当の顧客を持っていてそれぞれが顧客管理を行っています。これまでの販売実績や問い合わせの内容などの情報があり、それらを元に営業活動をするときもあるでしょう。ただ個別に顧客管理を行うのは効率が悪く人件費アップにもつながります。マーケティングオートメーションの中にはリード管理があり、顧客に対してどんな営業活動を行っているかの管理が自動的に行われます。各担当者が行うのに比べて低いコストで管理できるかもしれません。顧客に対するアプローチとしてダイレクトメールの送信などがありますが、むやみに送っても無駄なメールも出てくるでしょう。マーケティングオートメーションは必要なダイレクトメールの送信先を絞れるので通信費が削減でき、売上に対するコストパフォーマンスアップに貢献できます。